アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
株式会社の制度

合格を目指そう

公認会計士の制度は我国においては1899年に商法が制定されましたが当時は株式会社の制度を導入していました。
職業専門家としては第三者による監査を制度化するには至っていませんでした。
公正な第三者の立場からの監査の必要性が取られたのは1909年以降とされていて1914年に会計士に関する法案が提出されたものの成立にまでは至りませんでした。
その後第一次世界大戦後の1927年に法案が提出されて会計士法が成立しました。
専門職としては第二次世界大戦直後の1948年に法が制定され、その後弁護士法や税理士法が制定されるという道すじを辿ってきています。
1950年には証券取引法による財務諸表監査が法改正され現在に至っています。

公認会計士の今後の動向としては現在においては世界的に国際財務報告基準が行き渡りつつある状況です。
我国においても2009年以降に金融庁がこれを採用する方向へ向かって動き出しています。
上場企業や金融商品取引法による開示企業、大会社、それ以外の会社に現在分類されていますがこれを導入する会社や対象財務諸表などについて検討がなされる状況になって来ています。
2010年には上場会社に任意の適用を認めました。
現在2015年か2016年を目標にしてこれを適用する予定だとされています。
任意適用を受ける会社は特定会社と呼ばれ、これらには条件が課せられています。
公認会計士を取り巻く環境も変化して来ておりその数が激増状態にあり希少価値が失われつつあるとされます。
求人を出す事務所は少数で就職は難しくなると見られています。

この試験は難関と言われています。
資格を目指しての勉強ではスクールを決めて集中的に勉強を始めるのが効果的とされています。
学習内容は基本的なポイントに絞って何度も繰り返し勉強することが一番延びるといわれています。
最近の傾向短答式の試験が大変に難しくなって来ており、これが通ればそのあとの論文試験もすんなりと行くとも言われています。
計算の習得は短くても3ヶ月かかるといわれています。
受験の時期に合わせて問題集を解いて行く必要がありそうです。
本番前の1ヶ月ぐらいの期間は総復習にあてるのが良いとされています。
全てをマスターするのでなく、ポイントとなる重要なところを徹底的にマスターするのが合格への早道とされています。

オススメリンク

グレーの電卓

語学力もつけよう

このように、IT業界にいながら会計士として準備をするということは、システムエンジニアとしても十分に使えるため、会社側からも認められて勉強しやすいという一面もあります。
そして、本格的に海外で就職を考えている場合などは、語学力も…Read more

テキストの上のペン

有望な資格となるもの

今の仕事の将来に何かしらの行き詰まりを感じて、異業種への転職を考えるというケースは意外に多く存在します。
そして、そういった際にオススメなのは、まず資格を取得することで、公認会計士なども大変難しいですがオススメの方法と言えます…Read more

資格のポイントを教える講師

知識と思考で生計を立てる

公認会計士の概念はイギリスの地で発祥しており、19世紀後半になると職能者同士が集まる組合がイギリス国内に形成されました。
そこから勅許により資格者を認定する団体が生まれたものの、その団体の排他的な方針が反発を呼び、そうした経緯…Read more

関連リンク

    赤ペンでレ点

    自分のペースで学べる

    最近では資格取得のために、仕事をしながら取り組んでいるという人が増えています。会社に入社すれば、退職するまで働...

    Readmore
    握りこぶしの会計士

    条件がマッチしたところを探す

    その点、インターネットの場合には、勉強する側を主としているというスタイルが人気で、疑問点などもメールで質問して...

    Readmore
    会計士の女性

    自主学習のポイント

    公認会計士という資格を取得するには実質的な合格率が例年10%弱を記録する厳しい試験を突破しなければなりません。...

    Readmore